スポンサーサイト --年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなに天気が良い日はバイクだぜ! こんにちは。

今日の関西の降水確率
              0%
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

バイクの洗車は昨日の内にやってしまったので、今日は午前からエンジンオイル&オイルフィルターの交換です。

まずは暖気運転して、オイルを抜き取ります。
エンジンオイルの抜き取り方は過去の記事を読んでネ!

で、エンジンオイルが抜けたら、オイルフィルターを外します。
付いてる場所はドレンボルトのすぐ隣です。

ドレンボルトオイルフィルター取付けボルト
左側:車体前方方向
左のボルト:オイルフィルター取付けボルト
右のボルト:ドレンボルト

オイルフィルター取付けボルトを外せば、オイルフィルターが取り出せます。

固くてボルトが回らなかったので、KURE攻めにしたのは言うまでもありません。

また、ボルトのヘッド部分の高さが低いため、工具が上手く噛み合わないことがあります。
なので、変な噛み合わせで無理に力を加えると、なめて、オイルフィルターを永久封印する可能性があるので、気を付けて下さい。

で、外すとこんな形で出てきます。

オイルフィルターの摘出

ギャーーーーーーーース!!
何かグロい・・・・


ってか、エンジンオイル、ちょっとこぼれた。
と言うか、絶対こぼれるよね!? コレ

こぼれた分はキレイにフキフキしておきました。

オイルもやっぱり、黒ずんでますね。
でも赤色の面影は少し残ってます。

ついでに新旧オイルフィルターを比較してみました。

新旧オイルフィルター
左:新  右:旧

で、取り外したオイルフィルターASSYをキレイに洗って組み付けです。
この時に、オイルフィルター取付けボルトおよびオイルフィルターカバーのOリングも新品に交換します。
Oリングはオイルフィルターに付属していると思います。

オイルフィルターASSY
左からオイルフィルター取付けボルト、オイルフィルターカバー、リリーフスプリング、ワッシャ、オイルフィルター

↑左のオイルフィルター取付けボルトに、左から順番に付けていきます。
ASSYを組み立てたら、車体に取り付けるだけです。

で、ドレンボルトを取り付けます。

そして最後にエンジンオイル注入です。

ん??
5100の容器はフタが7100と違うぞ!?


MOTUL 5100の開け方

キャップを外したら、銀紙が出てきた。
これは十中八九、銀紙を取って使うんだよね!?

7100とは違い、わかりやすいです。 笑

↓今回のエンジンオイル(MOTUL 5100 15W50)の色です。
MOTUL 5100

7100に比べて茶色よりです。
7100ははっきりと赤色でしたが、5100はそうでもないんですね。
でも、あの甘い香りは健在です。
う~~~~~ん、マンダム!

で、注入!!
2Lまではドバドバ注入し、そこからはレベルゲージで確認しながら、慎重に注入。

オイルフィルター交換時はフィルターにオイルが浸みるまで待ったほうが良さそうな気がします。
フィルターに浸みた分、オイルの量も変わってくるので。
なので、1回、程よく注入し、しばらく時間あけたり、ちょっとエンジンかけたりして、オイルがフィルターに浸みるまで待ちましょう。

ってか、エンジンかけたら
アフターファイヤ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

1回だけだけど、パンッって音が鳴った。
その1回鳴ったあとは、全然鳴ってなかったから大丈夫でしょう。

で、フィルターにも十分オイルが浸みてそうになったら、レベルゲージで適正量になるまで測りながら、注入。
このとき、エンジンは暖気運転後ね。
で、レベルゲージを締めれば終了。

あとは、試運転して、漏れがないことを確認すれば作業終了です。

5100のインプレッションですが、今のところ、7100との大きな違いは見受けられません。
ただ、オイルの粘度は7100 10W40よりも5100 15W50のほうが低く感じたんですケド、実際どうなの!?
今日は気温が高かったから、そのせい?
スポンサーサイト
エンジンオイルの交換時期がやってきましたよ! こんにちは。

前回交換してから、3000kmを超えたのでエンジンオイルを交換します。
季節的にもちょうど良いかも!?

前に入れたやつは、MOTUL 7100 10W40で冬直前に入れたやつなので、少し低温よりにしましたが、これからは春そして、になるので、15W50の少し高温よりのものにしました。

銘柄はまたまたMOTULね。
前にMOTULに換えたばかりの時はわかりませんでしたが、暖気後はギアの入りがすごく滑らかっていうのがわかってきました。
グレードは少し下げて、5100

いや、下げたと言うよりかは、もともとコレが欲しかった。
前回は5100がなかったんだよ~
さすがに300vには手が届きません。
高すぎ~
7100と5100も値段では800円ぐらい違ったかな!?

で、今回はオイルフィルターの交換も行うので、これも購入。
フィルターも交換する時の、エンジンオイルの補充量は2.4Lです。
なので、MOTUL 5100 15W50を3L分購入。

MOTUL 5100 15W50

ってか、前に買った7100のやつが1L近く残ってるんだよな・・・・

エンジンオイルって賞味期限的なものってあるの??
押し入れに封印されたままだ・・・・

で、フィルターですが、店頭にあったやつをそのまま購入。
ユニオン産業のものです。

オイルフィルター

オイルフィルター その2

あと、廃油処理で前回も使用したオイルパックリ。

オイルパックリ

で、バイクを洗車してから交換をしようと思ったら、雨が降ったり止んだりラジバンダリ・・・・

変な天気なので、明日交換します。
オイル交換 2009年10月08日 09:10
カブと白バイをよく見間違えます。 こんにちは。

ミラー越しにカブと白バイを見たらそっくりに見えません??
かっちゃんはよく見間違えます。



さて、今回は改造と言うよりかは、メンテナンスです。
オイルを交換したときのものです。

購入時にエンジンオイルを交換してもらって、1000kmほど走ったときに一度オイル漏れがありました。
保証期間内だったのでそのときはタダで直してもらい、オイルの再交換もしてもらいました。
このときの漏れの原因は確かオイルポンプあたりのパッキンの劣化だったと思います。
で、そこからさらに3000km走ったのでオイル交換の時期です。

生まれて初めてのオイル交換です。
BJ(原付)でもエンジンオイルのメンテは初回以外、自分でやってましたが、あれは2stなので、交換というよりかは、補充でした。

なので、改まってオイル交換というの初めてになります。

今回、入れるオイルの銘柄ですが、
 1. 高回転エンジン
 2. 年式が古い(いたわらないといけない)

という点から、贅沢にもMOTULに決めました。

大切なエンジンのためのエンジンオイルにお金をケチりたくなかったので、お金を少し出してでも良いオイルをと思っていました。
実際、エンジンに良いかどうかはわかりませんが、少なくとも良いという噂は聞きますので・・・・
グレードは5100、粘度はこれから寒くなるので、10W40に決めました。

で、RSタイチにオイルを買いに行くと、

5100のオイル1Lしか売ってねぇ~ ( ̄□ ̄;)!!

ちょ、そりゃないぜ (´Д`)

MC22のオイル交換は2.2L必要なのに。

かっちゃん「MOTULの5100って店頭に出てるので全部ですか?」
店員「少々お待ち下さい。調べてきます。」

しばらくして、

店員「すいません。これで全部になります。」
かっちゃん「( ̄□ ̄;)!!」

サイフとにらめっこしながら、渋々7100のオイルにすることに。

って、グレード落とすんじゃなく、上げるのかよ! \( ^∇^)/θ☆キック

値段が高い=グレードが高いと解釈してるのですが、コレってやっぱり間違い??

でもさすがに300vには手が伸びませんでした。
というよりか、あれは大型のスーパースポーツ向け??

7100の用途にはMC22も当てはまりそうだったので、OKです。

5100ってやっぱりそんなに人気あるの??
7100と300vはいっぱいあったのに・・・・
やっぱり値段も手頃なのでみんな買うのかな!?

で、結局7100の10W40を3L分買うことに。

ついでに廃油の受け皿として、オイルパックリも買うことに。

これで準備は整った!

と、家に帰ろうとバイクのほうへ向かって歩いていると、

店員「あの~、もしよろしければ、今Araiヘルメットの方が来ていますので、ヘルメットの無料点検と掃除はいかがですか? 15分ぐらいで終わりますよ。」

そう、かっちゃんのメットはAraiなのである。
こういう機会もなかなか無いので、やってもらうことに。

メットがキレイになりました。

で、それからgo to家へ。

ちなみに↓が買ったエンジンオイルです。
1つあたり、1L入ってます。

MOTUL 10W40

それでは交換です。
用意するもの
  新しいエンジンオイル
  廃油受け
  中性洗剤
  ドレンボルトをはずすレンチ

まず、サイドカウルをはずします。
左側ははずさないと作業が非常にやりにくいです。
右側ははずさなくても作業できますが、はずしたほうがやりやすいです。

次にエンジンを暖気運転しましょう。
これはエンジンオイルの温度を高めることにより粘度を低くするためです。
粘度が低いとさらさらの液体となり、オイルを排出しやすくなります。

暖気運転が終われば、オイルレベルゲージを取ります。

廃油受けをスタンバイします。

次にドレンボルトの取り外しです。

・・・・カツン、カツン
かっちゃん「このサイズのレンチじゃだめか・・・ じゃぁ、これは?」
・・・・カツン、カツン
かっちゃん「これもだめか・・・・ じゃぁ、持ってる中で一番大きいこれは?」
・・・・カツン、カツン
かっちゃん「( ̄□ ̄;)!! 持ってる工具じゃドレンボルトはずせねぇー! ドレンボルトのサイズのレンチがねぇーよ。」

モンキーではずせないことはなさそうですが、モンキーはあまり好きでないので・・・・

原付でホームセンターに直行。
メガネレンチの安いセットを購入。

家に帰ってきて、さぁ~ドレンボルトをはずすぞ!
メガネレンチを手にしたまま止まるオレ。

いや、ちょっと待てよ。

工具を買いに行ってる間にエンジンオイルの温度下がっちまってるな・・・・

再び、暖気運転に突入。

ドッドッドッドッ・・・ (暖気運転の音)

近所迷惑でゴメンなさい。 (> <)

・・・・よし、暖気運転完了。

作業の再開です。
ドレンボルトにあうメガネレンチを当て、半時計まわりに回します。
ドレンボルトは下から付いているので、回す方向をよく間違えがちですが、落ち着いてやれば、大丈夫です。

で、力一杯回すとはずれました。
ちょっとずつ、はずしていくと、だんだん黒茶色いオイルが染み出てきます。

ドレンボルトを廃油受けに落とさないように気を付けてね。
そう考えると、工具はメガネレンチか、ラチェット機構が付いたもののほうが、ドレンボルトを下に落としにくいかな!?

ドレンボルトを完全に取ると、ドバドバとオイルが出てきます。

オイル交換

オイルの勢いが無くなるまで、しばらく待ちます。

その間に取ったドレンボルトでも洗っておくといいでしょう。
特にネジ山部分はキレイに洗いましょう。
かっちゃんはまた中性洗剤で洗いましたが(中性洗剤によくお世話になってるな・・・・)、いい加減パーツクリーナーあたりが欲しくなってきました。

パーツクリーナーを使ってる方がいましたら、インプレッションをお聞かせ下さい。

で、オイルの勢いが止まったら、車体を垂直にしたり、ゆすったりしましょう。
ポタポタとオイルが出てきます。
最後にキルスイッチをオフにして、セルを2,3秒、回します。
ポタポタとオイルが出てきます。

ちなみに、廃油には直接触れないようにしましょう。
発ガン性物質が含まれてるみたいです。
こぇ~ Σ(゜ロ゜ノ)ノ ヒィィィィ!

液滴がなくなるまで待つと、日が暮れてしまうので、ほどほどにオイルが抜けたと思ったら、ドレンボルトを締めなおしましょう。

オイル交換のときフラッシングをされる方もいると思いますが、SMには書いておらず、また、フラッシングはエンジンを傷つける、なんてことも聞いたり、聞かなかったり。

なので、かっちゃんはフラッシングをやっていません。

ドレンボルトを締めたら、新しいエンジンオイルの準備です。

買ってきたMOTULを開けます・・・・開け・・・・あk

どうやって開けるんだぁ~!!

なんだこのキャップは!
開け方わからNeeeeeeee!!

キャップをイジイジしてると、指を引っ掛けるような形のものが現れました。

MOTULの開け方

ははーん、さてはこいつを引っ張れば開くんだな。 ( ̄ー ̄)ニヤ...

よーし、とりゃっ!

ズボボボ(キャップが伸びる音)

MOTULの開け方2

なんじゃこりゃー!? ( ゚д゚)

中からなんか、固いビニールみたいなのがキャップに引っ付いて伸びてきたー!
キャップは固くて回りそうにない・・・・

よく見れば、ビニール越しにオイルが見える。 (@_@;)
オイルまであと少しだ。

ははーん、さてはこのビニールみたいなやつをハサミでチョキンとやればいいんだな、チョキんと・・・・

って、ハサミで切ったらキャップできねぇじゃねぇかよっ!

あと一息なのに開け方がわからん・・・・ il||li _| ̄|○ il||l

一丁前にMOTULなんか買ったから、ショップに聞くのも恥ずかしいし・・・・

かっちゃん「すいませーん、MOTULのオイルってどうやって開けるんですか~?」
店員「(半笑いしながら)はい??」 (逆に聞き返される)

あり得る、十分あり得るぞこのシチュエーション。
何がなんでも自分で開けてやる。

・・・・ネットで調べることに。

すると、あのビニールみたいなやつをハサミで切る、なんて記述を発見。

マジか・・・・本当にハサミなの!?
そりゃないぜ、高かったんだぜ、オイル。

余ったオイルはどうすんだよ。
キャップができねぇーんじゃ、使い捨て!?
もったいねぇよジョニー。

きっと、正しい開け方があるはずだ、そう信じて再びネットで調べる。

・・・・あった。正しい開け方があったよ、ジョニー。
あの指を引っ掛けるとこのフタ(ビニールみたいなやつの先端に付いてるやつ)を回せばいいんだ。
でもこれさっきやったケド、固くてまわらないぜ。

・・・・回った。
力を入れて回すとキャップが取れました\(^O^)/

MOTULの開け方はハサミを使うのではなくキャップを回すんだよ、みんな。

これで、やっと作業が再開できる。

ってことで、オイルレベルゲージのところから、エンジンオイル注入。

オ、オイルが赤色だ!
かっけぇ。 オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!
まさに、エンジンに流れる血って感じで、妙に感動しました。

そしてこの甘い匂い
これがかの有名なMOTUL臭かぁ~。
思ったほど、臭くありません。
むしろイイ匂い!?

とりあえず、1.8Lぐらいまで入れて、そこからはレベルゲージで確認しながら入れていくことに。

すると、ちょうど2L入ったところで良い具合になりました。

後は再び暖気運転してオイルをエンジンに行き渡らせ、再びレベルゲージでチェックします。

オイル量の正しいチェックの仕方は、まず、エンジンを3分ほど、暖気運転します。
そして、エンジンを切り、3分ぐらい待ちます。
車体を垂直にして、レベルゲージをねじ込まずにオイル量を測ります。
ねじ込まず、差し込むだけで測るのがポイントです。

で、エンジンをかけるためにセルを回す。

キュキュキュ・・・・  シーーーーーーーン
・・・・ん?
キュキュキュ・・・・  シーーーーーーーン

・・・・エンジンかからNeeeeeeeee! щ(゜ロ゜щ)オーマイガーッ!!

な、なんで?
オイル変えただけだぜ!?

車体を眺めるオレ。

・・・・キルスイッチ → OFF ・・・・・コレか!

なんとも初歩的なミス。
そういえばさっき、オフにしたんだった・・・・
キルスイッチをRunにしたら、きちんとかかりました。

3分暖気運転、3分休憩。
車体を垂直にし、レベルゲージで測定。
うん、いい具合だ。
結局2Lちょうどで良かった。

後は試運転をして、最終チェック。
近所を少し走り回り、オイル漏れやオイル量のチェックをしました。
うん、問題なし。

以上で作業は終了です。

MOTULのインプレッションですが、ここが変わった、というような激的な変化は感じられませんでした。
と言うよりかは、そのような微妙な変化が感じれるほど、かっちゃんはすごくありません。
唯一わかったのは、信号待ちとかをしてるときに、ほのかにMOTUL臭がしてくるぐらいです。 ← オイル漏れをしているわけではありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。