スポンサーサイト --年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LED補修作業 2009年12月14日 10:20
LED化の完成だ! こんにちは。

右サイドカウルに付けたLEDが点灯しない件について、昨日調べました。

まずは、乾電池8個を直列に並べて12Vの電源を作ります。
で、LEDテープをそれにダイレクトにつなぎます。

・・・・やはり点灯しない。

次にLEDテープにかしめたギボシをちょん切り、コードの皮を剥き、銅線を引っ張り出します。
で、LEDテープをそれにダイレクトにつなぎます。

・・・・それでも点灯しない。

って、えぇっ!?
ギボシが原因ではなかったのか!?

・・・・ということは、LEDテープ本体に原因が?
これは最悪の状態だ・・・・
本体に原因があるのであれば、どうしようもNe-Yo!

・・・・あと1つ、チェックする項目は、コードとLEDテープの接続部分
考えられる原因は、あとココだけだ・・・・

ということで、LEDテープに付いていた防水カバーをちょん切り、接続部分を見てみると、

補修前

おぉっ!!
犯人はお前かっ!!


断線してるじゃNe-Ka-Yo!!

このコードの細さが原因だったようです。
確か、この商品、コードの細さを売りにしていたが、それがアダとなってるじゃねぇか!
確かに、買った当初、コードが異様に細いとは思っていたが・・・・
まさか断線するほどだったとは。

原因もわかったので、補修作業です。

コードをもっと太いやつに変えても良かったんですが、LEDテープとの接続領域がかなり小さいので、その細いコードをそのまま使うことに。
コードの皮を剥き、銅線をLEDテープに、はんだ付けします。

・・・・く、くせぇ。

LEDテープにコーティングされている透明のゴムカバー!?みたいなやつも、はんだと共に溶けて、
  部屋中スメル!!

念のため、断線してなかったほうも、一旦ちょん切り、再接続します。

で、熱収縮チューブで防水対策です。
熱収縮チューブはドライヤーの熱でも縮まるそうですが、そうとう温度が高くないと縮まりません。
かっちゃんは、いくらやってもほんのわずかしか縮まらなかったので、はんだごての熱でやりました。
気持ちいいぐらい早く縮まります。
チューブも溶けはしなかったので、ドライヤーより楽だと思います。

補修後

点灯テストしたら無事に点きました!
で、車体にカウルを再び装着。

右サイドLED

↑右サイドカウルに取り付けたLEDですが、エキパイに干渉しそう・・・・
指の幅のクリアランスもありません。
熱で溶けないかな!?

でも、
              /)
           ///)
          /,.=゙''/
   /     i f ,.r=--‐',つ  ____    こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'" / ⌒   ⌒ \
    /   ,i   ,二ニ⊃   (>) (<)   \
   /    ノ    il゙ニフ  :::⌒(__人__)⌒:::   |
      ,イ「ト、  ,!   |     |-┬-|      |
     / iトヾヽ_/ィ    \    `ー-'    /

これにて、CBR250RRの車体へのLED装着は終了です。
無事に全部点灯して良かった~

フロントLED

サイドLED

リアLED

CBR250RR  LED
スポンサーサイト
探しています 2009年12月11日 08:40
今日はクリスマス イブ イブ イブ イブ イブ イブ イブ イブ イブ イブ イブ イブ イブ イブ だよ! こんにちは。

現在、かつてない筋肉痛に襲われています。
えぇ、恒例のバイクいじりの後にくるアレです。
誰か助けてください・・・・


突然ですが、一昨日のLED取り付け作業で、
工具がどこかに旅立ちました。

          探しています

ソケット

      ~ソケット(7mm)~
特徴
六角ボルトを回す銀色のソケット


どこいったんだ?
CBR250RRのLEDストーリー 2009年12月10日 12:35
昨日、彼女を裸にしました! こんにちは。

えぇ、LED装着に伴う、MC22のカウルを全て外しただけですが、何か?
ということで、昨日やったMC22へのLED装着についてです。

作業を始める前に、必ず、バッテリーのマイナス端子を外しましょう!
ショートの防止になります。

バッテリー

ショートの具合によっては、メインハーネスをも傷つけるとか。
すげぇ・・・・

それでは改造です。
用意するもの
  ギボシ端子セット(大量に)
  配線コード(1.25sq)
  電源分岐ターミナル
  平型ヒューズ電源(15A→5A)
  アース用端子
  スイッチパネル
  ギボシ端子セット(ダブル)
  平型端子セット
  配線コネクター
  熱収縮チューブ
  ↑の製品は全てエーモンから出ているよ
  LEDテープ
  タイラップ(大量に)
  LED固定用ステー
  3Mの両面テープ(強力に引っ付くらしい)
  テスター
  配線に必要な工具
  ヒューズが飛ぶかもしれないという恐怖を押さえ込む勇気

まず、これまでに作ってきたLED ASSYの説明です。

電気の流れに基づいて説明していきます。

・ヒューズからの電源取り出し

平型ヒューズ電源
15A→5A

サブヒューズ(15A)+5Aのヒューズが付いてます。
5Aのヒューズは管ヒューズになっています。

で、MC22のヒューズ(サブヒューズ)は4つあり、SMの配線図によれば、
 ヘッドライト:15A
 ファンモータ:10A
 充電・始動・点火:10A
 他:10A

えっ!?
「他」????
他って何だよ!?
ウインカーやメータ裏の電気とかかな!?

で、どのヒューズから電気を引っ張ってくるかですが、お世話になっている三豊オートの方に聞くと、できるだけアンペアが高いやつからとったほうが安定するとのこと。
でもLEDなので、どこからとってもほとんど同じらしいです。
でも、電源取り出しには、さらに5Aのヒューズが付いているので、どこからとってもやっぱり同じかな。

ということで、かっちゃんは15Aのヘッドライトのヒューズから引っ張りました。

しかも、この4つのヒューズの中で、ヘッドライトのヒューズが一番害が無いように思います。
ヒューズが飛んだ場合、他のヒューズでは走る上で支障をきたしますが、ヘッドライトはライトが切れるだけなので、走行する上での機能的なダメージはなさそうです。

でも、どっちみち、LEDの配線で問題があれば、サブヒューズが飛ぶ前に5Aのヒューズが飛ぶと思うので、車体にダメージはいかないと思います。

・ミサイルスイッチ

ミサイルスイッチ

赤LED1発付きです。
ミサイルスイッチの配線をまとめます。
↑の写真のスイッチ内部の配線は↓のようになっています。(たぶん・・・・)

ミサイルスイッチ内部

で、ONのときのみ赤LEDを点灯させる接続は、①をアース、②に電源のプラス、③に車体のLEDといった形で配線します。
こうすれば、ONのときに赤LEDが点灯し、そのLEDはアースへと逃げていくので、車体のLEDと並列接続になります。(車体のLEDに12Vが流れます)

補足として、ON/OFFに関係なく赤LEDを点灯させる接続は、①をアース、②に車体のLED、③に電源のプラスといった形で配線します。
こうすれば、常時、赤LEDが点灯し、そのLEDはアースへと逃げていくので、車体のLEDと並列接続になります。(車体のLEDに12Vが流れます)

つまり、どの端子からプラスを流してくるかによってON時のみ、常時の点灯の選択ができます。
かっちゃんはONのときのみの点灯にしました。

・電源分岐

電源分岐ターミナル

ここから各LEDテープへと分岐させていきます。
エーモン製の分岐は1→4のものしかありません。
LEDテープを6本使用するので、サイドカウル、リアにつけるLEDテープだけ分岐させた後、さらに分岐させ、1→4→6というふうにしています。

・LEDテープ

LED取り付けイメージ

写真左から、アッパーカウル(15cm)、サイドカウル(30cm)×2、シート下(15cm)、リア(30cm)×2です。

・アース収束

アース用端子

各LEDテープをアースへと収束させていきます。
エーモン製の収束は4→1のものしかありません。(分岐でつかった製品でもアース用に使えますが、端子の問題がありますので、アース用のものをしようすることをオススメします)
で、要領は電源分岐のときと同様に、6→4→1へと収束させていきます。
そして、収束させたものをバッテリーのマイナスへとつなげばOKです。

以上が、LEDテープを点灯させるための配線と電気の流れの説明です。

修正した配線図をUPしときます。(※ミサイルスイッチが少し変わっただけです)

LED配線2


ここからは、LEDテープの取り付けについて説明していきます。

まずは、カウルを全て取っ払って、車体を裸にします。

愛車の裸

↑いやーん、彼女の裸です。

リアのカウルを外すときに思うんですが、↓の部分。

リアカウルの取り外し

カウルを外すときに、折れそうになり怖くありませんか??
リアカウルを安心して外せる方法があればお教え下さい。

で、まずはアッパーカウルから。
数日前に作ったステーに15cmのLEDテープを貼り付けます。
次に、そのステーを↓のようにアッパーカウルに付けます。

アッパーカウルLED 1

アッパーカウルLED 2

アッパーカウルLED 3

2次固定として、ビニールテープでも補強しときます。
車体にカウルを取り付けた後に、ステーに開けた穴に針金等を通して、車体と結びます。
これは落下防止対策です。


続いて、サイドカウルです。
まず右のサイドカウルから。
数日前に作ったステーに30cmのLEDテープを貼り付けます。
次に、そのステーを↓のようにサイドカウルに付けます。

右サイドカウルLED 1

右サイドカウルLED 2

あとは、アッパーと同じ要領で。

ちなみに、右のサイドカウルに付けるLEDは、エキパイやホースみたいなやつに干渉しそうになるので、注意が必要です。

左のサイドカウルも右と同じ要領で付けます。

左サイドカウルLED 1

左サイドカウルLED 2

続いて、シート下です。

2mm厚のプラ板でステーを作りました。

シート下LED 1

これを車体のフレームの細い棒にタイラップで固定します。

シート下LED 2

LEDを装着するための棒かのように絶妙な位置にあるのでラッキーです。
ショックとほぼ平行になる感じでLEDテープが付きます。


続いて、リアです。
基本的には↓のように、30cmのLEDテープを車体にダイレクトに貼り付けていきます。

リアLED

落下防止策として、非常に短く切ったアングルをLEDテープの端(写真で言えば上のほう)に取り付け、そのアングルに穴を開けます。
その穴に針金等を通して、リアウインカーのケーブルに結びます。

以上で、LEDテープの取り付けは完成です。


次に、LEDテープと電源分岐やアース収束をつなぐコードの配線です。
と言う前に、休憩がてらに、RSタイチに行ってきました。

例のメーター裏のLEDの受け取りです。

愛車の裸

・・・・・・

おぉうっ!!
MC22は今、公道走れNe-Yo!
ミラー、ウインカー付いてNeeeeee!


かと言って、カウルをつけるのもめんどいし・・・・・

原付で行くか・・・・

いつもはMC22で100km/h 60km/hで走って・・・・・
原付だと60km/h 30km/hで走るから・・・・・

ぎょえっ!
単純計算で、2倍の時間かかるじゃねぇか!


でも、
              /)
           ///)
          /,.=゙''/
   /     i f ,.r=--‐',つ  ____    こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'" / ⌒   ⌒ \
    /   ,i   ,二ニ⊃   (>) (<)   \
   /    ノ    il゙ニフ  :::⌒(__人__)⌒:::   |
      ,イ「ト、  ,!   |     |-┬-|      |
     / iトヾヽ_/ィ    \    `ー-'    /

えぇ、原付で行きました。
原付ツーリングの時代を思い出す・・・・

・・・・ノロイ。

で、RSタイチに着きました。

・・・・・

「本日定休日」

へっ!?

ゴシゴシ (つд⊂)

「本日定休日」

いやいや、そんなはずは・・・・

ゴシゴシ (つд⊂)

「本日定休日」

ギャーーーーーーーーーース!!
ちょwwwwwwwww
そりゃないぜ!


わざわざ原付で来たんだぜ!?

そりゃないぜ!?

仕方なく、家に引き返しました。
オ、オレの時間をカエセ・・・・

帰り道の途中で、いかにも免許とりたてほやほやって感じの人がいました。
バリウスに乗ってました。
停車からの発進がぎこちない。
かっちゃんもぎこちないのは秘密です。
ガンバレと思いながら、思わず原付でバリウスを追い越してしまいました。

かっちゃんもMC22を買ったときはあんなんだったなぁ・・・・

で、帰りにイエローハットに寄って、配線ケーブルとミサイルスイッチのステーを買って帰宅。

スイッチパネル

作業に戻り、コードの配線です。

LEDテープの位置、電源分岐の位置、アース収束の位置が決まれば、配線コードの長さも決ります。

配線 1
電源分岐の位置

配線 2
アース収束の位置

配線するときの注意として、車体の可動部分には絶対に干渉しないようにしましょう。
特に、ハンドルやチェーン。


で、配線コードの取り付けが終われば、電源取り出しのヒューズを付けます。

ヒューズボックス

まず、↑の15Aを引っこ抜きます。(下から2番目の青いやつです)
抜いた後のソケットにテスターを当て、プラス側を探します。
このとき、バッテリーのマイナス端子を接続して、キーをONにします。

測り方はテスターの一方(赤い方だったかな!?)をソケット内の端子のどちらかに当て、もう一方をエンジンに当てます。
当てたソケット端子がプラスなら、12Vを表示します。
12Vと表示されたほうが、ソケット内のプラス側なので、プラス側に電源取り出しヒューズのコードがくるように取り付けます。
MC22の場合だと、↓の写真と同じ向きで取り付けます。

電源取り出し

ちなみに、これを逆に取り付けると、ヒューズが飛ぶ恐れがあるそうです。

で、電源取り出しのコードをボックスの外に出し、ボックスのフタを閉m・・・・

ボックスのフタ、閉まらNeeeee!!

コードが邪魔で完全に閉まらねぇよ!?

・・・・・

閉まるとこまで、閉め、ビニールテープで固定。

・・・・だんだんバイクがキテレツな状態になっていってるのは秘密です。

どうせ、ヒューズボックスはエアダクトの下に埋もれるんだから、心配ない!

うん、
              /)
           ///)
          /,.=゙''/
   /     i f ,.r=--‐',つ  ____    こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'" / ⌒   ⌒ \
    /   ,i   ,二ニ⊃   (>) (<)   \
   /    ノ    il゙ニフ  :::⌒(__人__)⌒:::   |
      ,イ「ト、  ,!   |     |-┬-|      |
     / iトヾヽ_/ィ    \    `ー-'    /

配線 3

で、再び、バッテリーのマイナス端子を外しておきます。


そして、最後にミサイルスイッチの装着です。

どこに取り付けるか迷いましたが、エーモンのステーをポン付けできそうな場所を探した結果、↓の位置になりました。

コックピット

スイッチは特にハンドルに干渉しないように気を付ける必要があります。

・・・・ん!?
ハンドルをフルに左に切ったら、ブレーキホースがほんの微かに干渉シマスガ・・・・

でも、
              /)
           ///)
          /,.=゙''/
   /     i f ,.r=--‐',つ  ____    こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'" / ⌒   ⌒ \
    /   ,i   ,二ニ⊃   (>) (<)   \
   /    ノ    il゙ニフ  :::⌒(__人__)⌒:::   |
      ,イ「ト、  ,!   |     |-┬-|      |
     / iトヾヽ_/ィ    \    `ー-'    /

いや、いや、良くない、良くない。
今回のはさすがに良くないよ。

うーん、でも干渉したとき、ステーとホース共に変形してくれるから、切れ角が小さくなるわけでもないし、コードとかが引っかかるわけでもないので、大丈夫だと思います。
ブレーキホースの角度を少し変えれば干渉しなくなります。

横からみるとこんな感じです。

配線 4

カオスッ!!
配線コードだらけ。
でも、タイラップでしっかりと固定しているので、どこにも引っかかりません。

↓おまけ。

配線 5

シート下の配線です。

最後に、アースをバッテリーのマイナスにつなげば、
これにて、MC22のLED化完成です。

さぁ、点灯式です。
緊張の瞬間です。
マジでヒューズが飛ばないか不安です。

・・・・点灯!
ミサイルスイッチON!


MC22 LED 1

MC22 LED 2

MC22 LED 3

MC22 LED 4

MC22 LED 5

MC22 LED 6

ウッヒョー!!
テラかっけぇー!!


MC22でご飯10杯は食えそうです。

・・・・・・・ん!?
んんんんんんん!!!!


右のサイドカウルのLED、点灯してNeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!!

ちょwwwwwwwwww

何で??
左のサイドカウルのLEDは点灯してるのに。

えぇ、またカウル外して、LEDのチェックです。
LEDの接続を外し、まず、LEDの直前まで電気がきているのかをテスターで調べました。

「12V」

・・・・良し。
電気はきている。

続いて、LEDを接続し、LEDのマイナスまで電気がきているのかをチェック。

「0V」
(※正しくは、非常に小さな値をゆらゆら揺らいでいます)

・・・・良し。
・・・・いや、違う、違う。
良くねぇよ。

LEDに問題ありか!?

先日やった点灯テストでは確かに点灯したぞ!?
LED取り付けの際に無理な力が加わって断線したか!?
いや、でもサイドのLEDはリアに比べ、無理な取り付けはしてないなぁ。
リアはかなり、ファンキーな取り付けだったが、それでも点灯している。

・・・・LEDのギボシが悪いのかなぁ!?

いずれにせよ、日も落ちて、暗いので、この詳細は日曜に調べることにします。

このトラブルを除けば、後は完璧です。

グヌヌヌ・・・・・

で、LEDのインプレッションですが、ヤバイくらいカッコいいです。
その一言に尽きます。
これだよ、これ!
かっちゃんが追い求めたワイルドスピードは!
LED装着!? 2009年12月09日 18:06
イエローハットの常連になりつつある、かっちゃんです。 こんにちは。

今日、LEDを装着し、さっき試走から帰ってきました。
一応、装着できたが、ト、トラブルが・・・・

詳しくは明日、お話いたす。

つ、疲れた・・・・・
ミサイルスイッチの謎 2009年12月08日 23:50
おおっと!ここにきて配線ミスが・・・・ こんにちは。

この前書いたミサイルスイッチについてですが、どうも3つの端子の使い方に納得がいきません。
スイッチに関係なく車体に取り付けるLEDが点灯する意味がわからない。

ミサイルスイッチに付いているLEDがON/OFFに関係なく点灯したり、ONのときだけ点灯したりするようにできるのは聞いたことがありますが・・・・

ということでミサイルスイッチについて調べてみました。

すると、やっぱりミサイルスイッチの配線が少し間違っていました。
端子は3つ全て使うものなんですね。
かっちゃんは2つしか使っていませんでした。

回路がショートするほどの間違いではなかったので、大きな問題ではありませんが、一応気になるのでミサイルスイッチの配線を変更します。

間違いを簡単に言うと、かっちゃんの接続方法では、ミサイルスイッチのLEDと車体に取り付けるLEDが直列に接続されていました。(まさに考えた配線図のように・・・・)
ミサイルスイッチの中身はブラックボックスになっているので、確証はありませんが・・・・

正しくは3つの端子を使って、ミサイルスイッチのLEDをアースへ逃がし、車体に取り付けるLEDとミサイルスイッチのLEDを並列にする必要があります。

配線の詳細は百鬼のHPにも載ってるよ!
(掲載されている配線通りに接続すれば、ミサイルスイッチの中で勝手に並列接続になります)

直列接続だと電圧は分割(おおざっぱな説明ですが)されるので、車体のLEDへ割り当てられる電圧が減ります。
でも、ミサイルスイッチのLEDは一発なので、そこまで車体への影響はないと思いますが・・・・
念のため、正しく配線しなおします。

言葉だダァーっと書いたので、おそらくわかりにくいかと思います。
なので、後日、図つきで載せますネ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。