スポンサーサイト --年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エアクリーナー交換 2011年01月16日 17:30
雪だよ雪!! こんにちは。

MC22大改造計画が進んでおりマッスル!!
とりあえず今回はエアクリの交換について。

それでは改造です。
用意するもの
 ドライバー
 レンチ
 ペンチ
 これだけっ!!

あ、あと、火気厳禁ね!!

まず、ガソリンのコックをOFFにします。
これ忘れると悲惨な目に逢います・・・・・

次は、ガソリンタンクを固定している2本のボルトを外します。

ガソリンタンク

ガソリンタンクはこの2本ボルト以外にも、タンクの下側でバキュームチューブとフューエルチューブがコックとつながっているので、タンクを持ち上げながら、この2本のチューブも外します。

コック
↑太いほうがフューエルチューブ、細いほうがバキュームチューブとつながっています。

チューブを外す作業は1人ではかなりやりにくいですが、できないことはありません。
2人でやったほうが、確実だと思います。
で、フューエルチューブを外すと、ガソリンが少しこぼれるので、火気に気を付けて下さい。
コックがONだとヤバイです・・・・・

これでタンクの取り外しはOK!
次はエアクリカバーの取り外しです。
7本のビスを外すと取れます。

エアクリカバー

カバーのすぐ下にエアクリがあります。
外すとこんな感じ。

エアクリエアクリカバー

エアクリの交換だけならココでエアクリを交換して、逆の手順で組付ければOKです。

でも、せっかくタンクを外したので、エアクリ周りを掃除しときました。
エアクリの下にあるエレメントベースは2本のビスで固定されているので、これも外しましょう。

エアクリの下

すると、キャブのファンネルがこんにちは!!

ファンネルこんにちは

てか、かなりオイル臭いんですけど?
MOTUL臭がします。

おそらく、過去の立ちゴケや今回の転倒によるオイルの流出でしょう。
エアクリからもMOTUL臭がしてました。
で、若干ベトベトになってたので、キレイに洗っておきました。

これ以上バラすと、キャブのOHを勢いでやってしまいそうな予感がしたので、バラすのはここまでにしておこう!

こんなにバラしたの初めて

こんなにバラしたの初めて2

で、今回のメインのエアクリの新旧比較です。

新旧エアクリ
↑左:新 右:旧

まだまだ使えそうな感じもしますが、オイルも浸み込んでしまっているので交換して良いでしょう。
で、逆の手順で組付け。

エアクリ装着

最後にガソリンタンクを載せて作業終了!
念のため、コックをONにして、エンジンがかかるか試しておきましょう!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。