スポンサーサイト --年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スクリーンの交換 2009年10月05日 11:57
アリの襲撃を受けました。 こんにちは。

電車に座っていると、アリが1匹這いずり上がってきました。
でこピンで吹っ飛ばしました。

数分後・・・・・・

また、アリが1匹這いずり上がってきました。
ちょ、オレ甘いもんなんか持ってねーぞ!
再び、でこピンで吹っ飛ばしてやりました。

オレはアリに好かれているのか!?

でこピンで吹っ飛ばした2匹のアリが、向かいに座っている人のところに飛んでいったのは秘密です。



さて、今回はスクリーンを交換したときの改造です。
純正のクリアのスクリーンもだいぶ汚れて、もはや濁っています。

そこで、ヤフオクでダブルバブルスクリーンというのを手に入れました。

これは普通のスクリーンと違って、2段階に膨らんでいるスクリーンです。
かなりお勧めです。
カラーはダークスモークです。

それでは改造です。
用意するもの
  新しいスクリーン
  ニッパー
  ペンチ
  ドライバー
  ごっついヤスリ ←いらないかも(かっちゃんは使いました)

改造の要領としては、ゼッケンプレートを付けたときとよく似ています。

まず、アッパーカウルをはずします。

次に、スクリーンを固定しているリベットをニッパーやペンチで全て取っ払います。

アッパーカウルとスクリーンの穴の位置を合わせてボルト、または新しいリベットで固定します。

かっちゃんは汎用性の点でボルトとダブルナットで固定しました。
スクリーンとアッパーカウルを合わせるのは、1人ではやりにくいので、誰かに手伝ってもらうとやりやすくなると思います。

ここでの注意点として、社外のスクリーンということもあって組み付けが悪いです。
穴を合わしてボルトで固定するだけでは、カウルに無理な力が働きます。
そこで、かっちゃんの場合はカウルに無理な力が働かないように、スクリーンをヤスリでゴリゴリ削り、組み付けをよくしました。

固定でダブルナットをしている理由は、スクリーンには走行中、風圧等でかなりの力が働くと思うので、しっかりと固定するという意味で、ダブルナットにしました。

最後にカウルを車体に取り付けて完成です。

以上で作業は終了です。

純正スクリーン   ダブルバブルスクリーン
     before               after

全体像   スクリーン装着後
     before               after

ダブルバブルスクリーンのインプレッションですが、ゼッケンプレートと異様にマッチします。
多分、ダーク系の色がカッコ良さをアップしているのだと思います。
さらにレーシーさが増した感じがします。

スクリーンの膨らみ

2段階に膨らんでいるのがわかりますか?
純正スクリーンよりも高さがあります。
そのため、体に受ける風の抵抗は純正よりも少なくなっていると思います。

バイクがだんだん現在の状態に近づいてきましたね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wingonasphalt.blog91.fc2.com/tb.php/20-842b779b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。