スポンサーサイト --年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車体ドレスアップへの道 2009年11月26日 11:00
駆け込み乗車。 こんにちは。

今日、駅で、電車のドアが閉まり今にも発車しそうな電車に青年が駆け寄り、ドアをこじ開けて乗ろうとしていた。
しかし、どうやっても開かず・・・・

で、駅員2人がその青年のところに駆け寄ってきた。
注意するのかと思いきや、
    ドアを開けるのを手伝っている。

・・・・えっ!?
手伝うの?


これはさすがのかっちゃんも久々に吹きました。

男3人がかりでドアをこじ開けようとする姿は滑稽だ。
しかも、結局開かず・・・・ (^w^)ぷぷぷ・・・

仮に開いたとしても、中は満員。
どうやって乗るつもりだったんだよ!!

駅員さん、そこは注意しようよ。 (´∀`)



で、今日もまた電装関係のネタです。
車体に取り付けるLEDについてです。

車体に電気を付ける場合、規則が多いので、まず、車体の電装についての規則を調べました。
すると、こんなものを見つけました。

審査事務規定

車体に取り付けるLEDは、コレの4-82項の「その他の灯火等の制限」に分類されるみたいです。
コレを守れば、ポリスマンのお世話にはならないと思います。
が、調べていると、グレーゾーン的な部分もあるとか・・・・
あくまでかっちゃんが調べたことですので、この他にも注意すべき点があれば、ぜひご指摘下さい。

で、まず、LEDの色ですが、候補としては

赤はあまり明るくなさそうであり、また、カウルは赤色が多く、色がかぶる。
灯火類と同色などのことから、脱落。

緑は車体とミスマッチの予感が・・・・
でも色としては結構好きなんだけどなぁ~
ということで保留。

青は車体とも抜群に合いそう。
明るさも大丈夫でしょう。
ということで、青が第一候補です。

取り付ける場所ですが、写真のようにフロント、サイド、リアと3箇所を予定しています。

LED装着箇所

光源が外部から見えてはいけないらしいので、すべて内側向きに取り付けます。

まず、フロントはアッパーカウルの内側にステーを付け、そこにLEDテープを約16cm付ける。

フロントのLED装着箇所
↑右ハンドル側から見た写真

サイドはサイドカウルの内側の下のほうに付けます。

左サイドカウルのLED装着箇所
         左のサイドカウル

右サイドカウルのLED装着箇所
         右のサイドカウル

ただ、写真を見てもわかるように、サイドカウルは右と左では下側部分の形状が異なります。
写真が見づらいですが、左のカウルはエキパイ側から見た写真、右のカウルはオイルレベルゲージあたりから見た写真です。

左は地面と平行な部分があるのに対し、右はそのような部分がありません。

なので、右側のカウルにはカウルにダイレクトにLEDテープを約40~48cm貼りつけ、左側のカウルにはステーを付け、そこにLEDテープを約40~48cm付ける。
ただ、ここはLEDテープが落下する可能性があるので、落下防止策をしっかりと考える必要性がありそうです。
おそらく取り付け方を変更すると思います。

リアは格納スペースの真下にLEDテープを約27cmを左右対称に2本貼り付けます。

リアのLED装着箇所
↑ナンバープレート側から見た写真

ここも落下防止策が必要です。

以上のように貼れば光源は外部から見えず、いい感じで照らしてくれると思います。

・・・・てか車体、かなり汚れてるな・・・・

で、LEDのだいたいの寸法がわかったので、メーカー選びです。

LEDを調べていて真っ先に目に止まったのが「百鬼」というメーカーです。
LEDの種類も豊富で、何よりネット上で取説が見れるので、初心者のかっちゃんには扱いやすいものかと。
明るさも申し分なさそうです。

ただ、一つ問題が・・・・

値段たけぇー!!

LEDテープ48cm青だけで約5000円も・・・・

サイドカウルに付けるやつだけで軽く1万を超えますが・・・・

さらに、フロントとリアのLEDテープにステーやスイッチなどのもろもろのものも買わないといけないので、トータルで2万ぐらいはいきそうな予感。

そんなお金ありません! (> <)

・・・・1分後、気が付けばヤフオクでLEDを検索しているかっちゃん。

ただでさえ、メーター裏のLEDとヘッドライトバルブでかなりお金が羽ばたく予定なのに・・・・

グヌヌヌヌ・・・・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wingonasphalt.blog91.fc2.com/tb.php/63-4dcd2d04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。