スポンサーサイト --年--月--日 --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LEDの配線図 2009年12月05日 09:46
配線図の完成だぁ~! こんにちは。

お待たせしました。
車体に取り付けるLEDの配線図が完成しました。

配線図

ギボシ、多っ!!

簡単に説明しますと、図の上がフロント側、下がリア側になります。
青い棒がLEDテープになります。
フロント側から、アッパーカウルに付けるやつ、サイドカウルに付けるやつ(×2)、シート下に付けるやつ、収納ボックス下に付けるやつ(×2)となっています。

配線は全てエーモン製です。

順番に説明していくと、ヒューズからの電源取り出しで、電気を引っ張ってきます。
それをミサイルスイッチにつなぎ、ミサイルスイッチでLEDのON/OFFを操作します。
そして、電源分岐により、各LEDへと分かれていきます。
LEDは全て並列接続です。
エーモン製の電源分岐は最大1→4のものしかなかったので、サイドカウルとリアのLEDだけは、そこからさらに分岐させます。(オレンジ色の分岐のやつ)
で、LEDをつなぎ、今度はアース側へと収束させていきます。
これもまた、エーモン製ではアース分岐も4→1のものしかなかったので、先と同様にサイドカウルとリアのLEDだけ、アース分岐に入る前に、まとめておきます。(オレンジの分岐のやつ)
そして、アースに接続します。

リレーは付けていません。
リレーって確か、大きな容量の電装品を使うときのスイッチの一つでしたよね?
今回はLEDなので、そこまで容量は大きくならないと思うので、大丈夫だと思います。

おそらくこれでLEDは点灯すると思いますが、この配線に問題があればご指摘お願いします。

ギボシがこんなに多い理由は、
 ・カウルにLEDを取り付けるので、カウルの脱着をやりやすくするため。
 ・万一のときのメンテナンスをやりやすくするため。
 ・断線したときのコード交換をやりやすくするため。 etc

車体に取り付けるときに、また、接続等の詳細を報告します。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wingonasphalt.blog91.fc2.com/tb.php/76-5448c93b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。